私は強くなった

真面目で優しい人達、でもどこか謙虚過ぎていつも貧乏クジばかり引くような日々。人は辛くても努力すれば報われる、でも自分はそんなに努力家ではない、だからこれで満足しなきゃならないんだ。これでいいんだ。もっと辛い人と比べたら自分は幸せだ。こんな気持ちを持ってる人達の力に僕はなりたい。何故かって、真面目なのに報われないから。優しいのに報われないから。正直なのに報われないから。そんな人々が報われない事は間違っている。だからこそ、いま僕は絶対に心、お金、時間を豊かにして証拠を作って、昔の僕みたいな人達に勇気や希望を与える事をしたいと心底思っている。もともとの気質に恵まれてなく、ネガティブまっしぐらな性格だって出来るんだということを、僕がまず証明しなきゃ、みんなも信用してくれない。だから、僕はこの研究所ブログで成長していき、強くなる過程を記録して、僕のような人々の背中を押したい。

このブログを作った頃から比べて、今の僕は遥かに強くなった。ペシャンコに潰れて、どうやったら人にかける迷惑を最小限にして死ねるかを考えていたあの頃と比べたら、別人になりかけているのが分かる。

僕の周りには、心を病んでいる人がいる。その人達の行動や言葉は、かつて僕がしていた事、言っていたことと同じ。だから僕はとてもその気持ちがわかる。彼らに何かヒントを上げたくて仕方がない。でも、彼らにいくらポジティブな言葉をかけても効力が薄いことは分かっているからあまり言わない。まずは、彼らの気持ちを理解してあげて、順序立てて説明し、行動に移せるようにしないときっと出来ない。今の僕はまだ彼らの教育者として上手く振る舞えるほど、ネガティブからの離脱方法について理解をしていないことを最近ふつふつと感じる。

幼いものが思いつくイタズラや嘘なんて大人から見ればすべてお見通し。だって自分も未熟な子供時代は同じ思考をしていたから。でもいつか気づけばそんな事は過去の事で、自分が大人になった方法なんて説明できない。時間と経験を積むしかない、の一言に尽きるような気がする。

でも、教育者や救いの手を差し伸べる人になるにはそれでは十分ではないんだ。過去の事を思い出し、色んなレベルにいる人達が何を思いどの様に感じているかをもう一度シミュレートして、その人に合った対応をとってあげなくてはならない。

もう少ししたら、僕が自分にしてみた事を少しずつ書いていきたいと思っている。ただ一つ言えるのは、そんなに大して難しいことではない、と言うこと。感覚的には、毎日50円貯金する感じ。でも必ず50円は毎日貯金するんだよってこと。10円では少し安すぎる、でも100円までは高くない。それを必ず毎日やるんだ、これを半年続けられると、50円×半年で、なぜか3万円になるような感覚が得られるんだ。

僕はこのチャレンジを徹底してやろうと思う。徹底してやるなんて言うのはそう簡単に口に出来るものではない(と思ってた)。でも、今は言えるようになった。失敗に終わろうが、途中で死んでしまおうが、皆に笑われようが、そんな事はまったくどうでもいい。だって、死のうと思った僕にもうこれ以上最悪な事はないから。命尽きるまで、人として正しいと思った事をやり続けようと決心した。善人になろうととか、悟りを開こうとか、後世に名を残そうとか、何かを得ようする心ではなく、どんな風に自分と言うものが開かれ拡大していくのかを、心・お金・時間を観測点として実験してゆく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする