今年、2019年の目標を達成できたか

この記事は、2019年の年末に執筆したものです。

今年の目標は、私の専門分野であるITチームを立ち上げることでした。
2019年の10月に「システムソリューション」という課で編制していただけました。

ただ、いいことばかりではありませんでした。残念なこともあります。
私のチームにいてくれた社員が休職してしまいました。元々、うつ病を患い入ってきたのですが、私とのプロジェクトが終了してから新しいプロジェクトとしてのお仕事をお客様からいただけなかった事があり、彼にチャンスをあげたく社内では彼へ仕事を頼んでみましたが、すっかり意気消沈してしまい、何度も私のようにポジティブに思考を切り替えられるように、誘導してみたものの、結果的には休職になってしまい、それからずっと復帰はしていません。

そして専属で就いていくれた2名についても、他の仕事がしっくりこなく、プレッシャーばかりを感じたようで、1名が辞め、残る1名も辞めてしまいました。
でも、その後すぐ1名はまた、戻ってきました!

いなくなってしまった、人達に何一つマイナスなことは感じていません。それは彼ら彼女が考えて選択した道であり、それを私が正しいとか間違っているとか、判定するものではないからです。いなくなったという事実としてしか受け入れません。

そして、僕か彼らに思うのは、「ありがとう」「助かりました」「立派な仕事ぶりでした」「ここでなくとも、どうにか自分を見つけ、もっと羽ばたいてください」という思いです。

さて、新しいシステムチームには、1名が他部署から移籍してくれました。今、私の課は私を含めて、計2名で稼働しています。
課の主なミッションは、会社の情報システム+お客様へのITサービスの提供です。
仕事上での来年の目標は「自分がいただいている年収以上の外貨を稼ぐ」ということです。
※ここでいう「外貨」とは、社外のお客様から頂くお金のことを言います。

社内へのITサービスは、大前提・当たり前の「あ」です。ICTインフラを整備し、業務アプリケーションをよりよくし、人件費を有益に使えるように、そして業務が正しく、ストレスのないように進められるソフトウェアを作り、環境(ハードウェア+ソフトウェア)を整備し改良し続づけること。これは無料でやっている思うこと。
そして、その上で、社外のお客様からITでお金をいただけることを目標にします。具体的な数字は、外貨としての売上額を自分の年収以上とします。

人気ブログラインキング
記事がよかったらブログランキングの応援ボタンをクリックしてください。励みになります!
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする