給料以上の仕事をするという考え

「給料以上の仕事をしろ」これは、ナポレオン・ヒル氏の著書から学んだ表現です。正確には報酬以上の仕事をする、または、プラスアルファの法則と書いてあったと思います。

この言葉は、本当に素晴らしいと思います。
「働いたって給料は上がらない」「それは自分の仕事じゃない」「なんで自分ばかりがやらなければいけないんだ」「同じ給料なら楽してやろう」この部類の考え方を一つもした事がない人は、私からしたら、精神レベルがずっと高い人か、よっぽど何も考えてない人なのではないかと思う。

私も今まで働いてきた中でこのような事は、何度も考えた事がある。そしてイライラと心に荒波を立てるのがいつものパターン。

しかし、今やそんな事は微塵にも思わない。それどころか、この「給料以上の仕事をする」という言葉にに出会ってから、どんな事が起きても頼まれても振りかかってきても、給与以上の仕事をするチャンスとしか思わなくなった。これは実にストレスから開放される。例え、簡単な雑用や掃除であっても、給与以上の仕事をするというポリシーの下では、やる事が当たり前。すると、やってみれば簡単な事だし、普段やらないことで気付くこともある。周りからは何でも快くやってくれる人と思われるし、会社の上司なのにごみ捨ても電話番も何でもやる人と思われる。
次に、難しい仕事や手間がかかる仕事においては、これこそ給与以上の仕事をするチャンス。自分の能力を磨くことが出来るし、何しろストレス無し。
これを、習慣化すると知らぬ間に自分の能力は上がるし、自分が期待していないのに自動的に周囲からの評価や信頼度が上がる。本当に強力な考え方だと思うので、是非とも心に刻んで実践してもらいたいと思う。

人気ブログラインキング
記事がよかったらブログランキングの応援ボタンをクリックしてください。励みになります!
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする